柔道武道館

浮腰(うきごし)

浮腰

概 略

腰の回転で一気に投げる腰技

技の特徴

浮腰は、片方の腕で、相手の後ろ帯の上から抱え込み、腰の回転で一気に投げる技です。

技の性質

まず、自然体に組み、袖と脇下を握る姿勢からかけ始めます。
脇をとった腕側の足を引くことで、相手の重心を崩し、前のめりになったところで、後ろ帯の辺りに添えた腕を効かせて相手を腰に乗せます。
膝のバネと腰の回転、腕の力を利用して、タイミング良く投げます。
このとき、相手から体を離すと、逃げられてしまうため、常に体を密着させておくことが大切です。
この技は、相手が天当(急所)などを打ってきたときに、すばやく腰を入れ、振り回して投げる方法です。

技をかけるときのポイント

  • 体さばきのタイミングをスムーズにするために、腰を深く入れない、膝を十分に曲げないことに気を付けます。
  • 相手の腰に手を回すタイミングが難しいですが、腰をとる方の肩を落とし、相手を少し後ろに押し気味にして体勢をつくります。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード