柔道武道館

釣込腰(つりこみごし)

釣込腰

概 略

相手を釣り上げて投げる腰技

技の特徴

釣込腰は、釣り手を効かせ、腰の回転を利用して投げる技です。

技の性質

釣り手は相手の肩に近い襟をとり、引き手は袖をつかみます。
釣り手と引き手を効かせて、手首を絞りながら引き込み、相手を前に崩します。
重心を崩し、前のめりになっている相手に、背負投と同じ要領で足を踏み込み、体を回転させて相手を背負うようにします。
このとき、腰を沈め、相手の重心をさらに前下方向に崩します。
背負投では、腰と背中全体に乗せるようにしますが、釣込腰は、腰を深く入れると、相手の抵抗が強くなるため、腰は浅く入れ、投げる回転を速くします。
釣込腰は、相手を釣り上げて、重心を前に崩すことが大切ですが、相手を釣り上げる方法として、上記のように襟を持って釣り上げる方法の他に、釣り手を相手の脇の下に入れて釣り上げる方法もあります。

技をかけるときのポイント

  • 投げるときは、腰を沈めた姿勢から、両膝のバネを効かせ、相手が乗っている方の腰を支点にして、引き手を効かせて相手を回転させるように前方に投げます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード