柔道武道館

釣腰(つりごし)

釣腰

概 略

浮腰によく似た腰技

技の特徴

釣腰は、後ろ帯を握り、相手の腰を釣り上げて投げる技です。

技の性質

まず、自然体に組み、引き手は右奥袖、釣り手は中襟をとった姿勢から始めます。
引き手で相手の袖を引き出しながら、重心を斜め前に崩し、中襟をとった釣り手を離して相手の後ろ帯に回します。
後ろ帯をつかんで相手の腰を釣り上げながら、引き手を引き出し、自分は引き手側の足を後退して相手に自分の背中を密着させます。
このとき、しっかりと相手の体を引き付け、両膝を曲げて、さらに相手の重心を前に崩しながら、腰に乗せ、膝のバネを効かせて投げます。
投げに入るときは、釣り手で後ろ帯を釣り上げながら投げますが、最後は帯を離して引き手に添えます。
釣腰には、相手の脇の下から後ろ帯をとる方法と、相手の肩の上から腕を回して後ろ帯をとる方法があります。

技をかけるときのポイント

  • 技をかけることなく帯を6秒以上つかみ続けると、反則と見なされ「指導」をとられるため、帯を握ってかける技の場合は気を付けます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード