柔道武道館

袖釣込腰(そでつりこみごし)

袖釣込腰

概 略

難しいが美しい技

技の特徴

袖釣込腰は、相手の釣り手を釣り上げて相手を背負うような格好で腰に乗せ、一気に前に投げる技です。

技の性質

この技は、普通の技と異なり、釣り手と引き手の作用が逆になります。
つまり、引き手で相手を釣り上げる形になるのです。
相手の釣り手を釣り上げるには、かなりの力が必要なため、力の強い選手には特に最適でしょう。
相手を背中と腰に乗せますが、このとき、両膝を曲げ、相手の腰を自分に密着させます。
引き手をしっかりと効かせ、膝のバネを使って一気に相手を前方へ投げていきます。
この技は、バリエーションが多く、軽量級の場合は、相手を釣り上げず、横または前下へ押し込む方法もとられています。
袖釣込腰は、階級や男女を問わず、実戦でもよく使われる技です。
スピード感のある美しい技と言うことで、子供から大人まで人気の技です。
非常に難易度の高い技ですが、しっかりと覚えることで攻撃の幅が広がります。

技をかけるときのポイント

  • 袖釣込腰は、背負投とよく似ているため、相手に背負投をイメージさせながら、フェイントとしてかけることができます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード