柔道武道館

大腰(おおごし)

大腰

概 略

全腰技の基本となる技

技の特徴

大腰は、自分の腰に相手を乗せ、一気に投げる技です。

技の性質

自然体に組んだあと、釣り手を離して、相手の脇の下から背中に回します。
瞬時に、その手で相手の後ろ帯辺りをつかみ、体を反転させながら相手の腰を引き寄せます。
自分の腰の位置は、相手よりも低くし、相手を腰に乗せ回転するように一気に投げます。
このときの足さばきは、背負投と同じです。
実戦では、相対するよりも横から前へ踏み出して腰を入れていくような方法をとることが多く、ケンカ四つでお互いの距離が遠くなり、攻め手がなくなったときに有効な技とされています。
大腰は、すべての腰技の基本とされています。
実戦では、それほど頻繁には使われませんが、階級を問わず、柔道における基本技のひとつとして、古くから使われています。

技をかけるときのポイント

  • 手を背中に回すときは、力が弱い場合、相手の脇の下から、力が強い場合、腕の上から回すという方法もあります。
  • 背中をつかんだ肘を曲げて、相手をしっかりと引き寄せ密着させることが大切です。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード