柔道武道館

払腰(はらいごし)

払腰

概 略

足を払って一気に投げる腰技

技の特徴

払腰は、相手の重心を前に崩し、さらに足を払って一気に投げる技です。

技の性質

釣り手は鎖骨の上辺り、引き手は肘の辺りをしっかりつかむ基本の動作から始めます。
引き手を上げながら、足を踏み出し、体を回転させながら相手を引き寄せます。
釣り手と引き手を使って相手重心を前へ崩したところで、相手の足首付近を払います。
相手を前腰に乗せ、一本足の体勢となりますが、腰のひねりを活かし、相手の足と腰を一気に払い上げるようにします。
払腰は、男女、階級などを問わず、実戦でもよく使われる技です。
軽量級の選手はスピードを活かし、重量級の選手はパワーを活かしてかけることができます。

技をかけるときのポイント

  • 足を払うときは、自分の膝の裏辺りを使い、相手の足首に近い部分を払い上げるようなイメージで行なうと良いでしょう。
  • 引き手を十分に引き、相手の体を密着させるようにします。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード