柔道武道館

跳腰(はねごし)

跳腰

概 略

内股によく似た腰技

技の特徴

跳腰は、相手を腰と足に乗せ、一気に投げる技です。

技の性質

かける際は、ケンカ四つの組み手のほうがかけやすく、釣り手を釣り上げ、引き手を手前にしっかりと引き出します。
体をひねりながら相手の体を密着させるまでは、大腰などの技と同様ですが、跳腰では、足に相手を乗せるため、払う足を外側に開き膝を曲げて「く」の字にします。
「く」の字に曲げた足に相手を乗せるようにしながら、真上に跳ね上げ、自分の体を前に傾けながら一気に投げます。
跳腰は、内股とよく似ています。
内股では、相手の股間に足を入れて払いますが、跳腰では、相手の内股辺りに自分の足をあて跳ね上げます。
内股が主流となっている最近の柔道界では、使われることは少なくなっていますが、内股が上手くできない選手の場合はこの技の方が習得しやすいようです。

技をかけるときのポイント

  • 実戦では、相手を追い込み、急にストップしていきなり前に崩すというタイミングでかける場合が多いようです。
  • 上手くかからず、相手の体の回転が不十分なときは、「跳巻込」に変化することができます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード