柔道武道館

抱上(だきあげ)

抱上

概 略

ボディスラムによく似た技
注釈:試合では有効な技と見なされない

技の特徴

抱上は、相手を抱きかかえ投げる技です。

技の性質

プロレスでいうボディスラムによく似た技で、主に、仰向けになった相手を肩の高さ位まで抱き上げます。寝技に引き込もうとする相手の両足を内側から掬い、相手が後転するように下半身を折り曲げて抑えます。
そのとき、相手の後腰に自分の下腹部をあてて制し、両手は十字絞の形で上体を引き付けます。ここから、腰を中心に全身の力を使って、相手を高く抱き上げます。 この他にも、絞技や固技から抱上に転ずる方法があります。昭和初期頃は、「相手を抱き上げた時点で巧みであり、その効果を認められて一本」とされていました。肩の高さほどから投げ落とすと、相手は、後頭部、背部に強い衝撃を受け危険なため、抱き上げた時点で、その技の効果を認められました。
しかし、そのあと、「巧みに持ち上げる」という判断が曖昧になり、効果を認められにくくなってきたため、試合では有効な技とされなくなりました。現在では、抱き上げた時点で、審判が「待て」を宣告し、試合は中断されます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード