柔道武道館

内股返(うちまたがえし)

内股返

概 略

内股の返し技

技の特徴

内股返は、内股を仕掛けられたときに、逆に相手の足を刈って倒す技です。

技の性質

内股すかしと同様に内股の返し技です。
相手が内股を仕掛けようと、片足立ちになったときが、かけるチャンスとなります。
相手が、こちらの重心を前へ十分に崩さないまま内股をかけてきた場合に、こちらは足を踏ん張り、釣り手と引き手を効かせ、後ろ足に体重をかけることで、相手の重心を後ろに崩します。
このときをねらい、相手の後ろから軸足を刈って背中から落とします。
内股返は、勘よりも体のバランスの良い選手が得意とする技です。
技のレベルは高い方で、手足の長い選手にとって有利となる技です。
内股返は、体を捨てながら軸足を刈ると、谷落(たにおとし)となります。
また、内股返と内股すかしは、よく似ていますが、内股すかしが「相手に技をかけさせその力を利用する技」であるのに対して、内股返は「相手が技をかける前に攻撃する技」であるといった違いがあります。
内股は、数ある柔道技の中でも主流となる技のひとつで、実戦にもよく使われるため、返し技の習得は重要となります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード