柔道武道館

内股(うちまた)

内股

概 略

センスが光るダイナミックな足技

技の特徴

内股は、相手を斜め前に崩し、太ももの裏側を使って相手を投げる技です。

技の性質

釣り手は、手首を立てて握り、相手の耳よりも高く釣り上げるような感じにします。
引き手は、手首を返して手の平を外側に向け、目の高さまで上げながら前へ引き出します。
釣り手と引き手を効かせて、相手の重心を斜め前に崩し、不安定な体勢にして投げていきます。
投げるときは、太ももの裏側を相手の股間にあてるようにしながら、一気に振り上げます。
実戦でも一本となりやすい内股は、様々なバリエーションがあります。
相手を追い込んでかける、片足ケンケンでかけるといったタイプがあり、各選手のセンスによって使われています。

技をかけるときのポイント

  • 相手を前方に崩すとき、引き手の引き出しと同時に、顔を引き手で引く方向に向けることで、動きがよりスムーズになります。
  • 相手を投げるときは、引き手と体の回転を効かせます。
  • 両膝は、軽く曲げるようにして余裕を持たせると、両膝のバネを効かせやすくなります。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード