柔道武道館

支釣込足(ささえつりこみあし)

支釣込足

概 略

車のハンドルを回すような手のひねりがポイントとなる足技

技の特徴

支釣込足は、釣り手と足を使って、足手を180度回転させるようにしながら、一気に投げる技です。

技の性質

自然体で組んだあと、相手に一歩大きく踏み込み、相手に密着したあと、引き手を引きながら、踏み込んだ足を支点にして体を反転し、引き手側の足裏を相手の足首にあてます。
反転と同時に引っ張られ、足元を捉えられた相手は、重心を崩します。
このときに、釣り手と引き手を車のハンドルを回すようなイメージでひねりながら、相手を投げます。
この技は、きめることができなくても、相手のバランスを大きく崩すことが期待できるため、連絡技に持っていきやすく、実戦では、大外刈などをかける際に、フェイントとして使われるケースも多いようです。

技をかけるときのポイント

  • 手だけで投げようとすると、失敗しやすいため、体を反転するときの勢いを利用することと足を支点にして体を回転させることに気を付けます。
  • 軸足となる足は大きく踏み込むことで、体のひねり効果が大きくなります。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード