柔道の技辞典

大内刈(おおうちがり)

大内刈

概 略

懐に入り込む動きがポイントとなる柔道の代表的な投技

技の特徴

大内刈は、相手の懐に入って内側から足を刈り、後ろ側へ倒す技です。

技の性質

自然体の組み手から一歩踏み出し、相手を引き寄せながら、軸足となる足を、踏み出した足の後ろへ運びます。
このとき、足は相手に対して垂直に向いていますが、胸同士は相対するように意識します。
相手を自分の体に密着させ、釣り手で相手の重心を崩しながら、刈足を内側からかけます。
大内刈の足の刈り方には2つのタイプがあり、半円を描くように刈足を動かして相手の足を開いて崩すタイプと、足をかけてそのままケンケンして後方に追いながら刈るタイプとがあります。
また、釣り手の使い方も、柔道衣の襟を引き下げて重心を崩す方法と、相手の肩を押して崩す方法があります。
柔道衣の襟を引き下げて重心を崩す方法は、小柄な選手が大柄な選手にかける場合に有利です。
大内刈は、後方に重心を崩す技のため、初めに前方向に投げる技を仕掛けると見せかけ、それを防ごうと相手が後ろへ重心をかけたところに使うなど、連絡技として使うと効果的です。

技をかけるときのポイント

  • 足を刈るときは、ふくらはぎから下を刈るのが一般的ですが、位置が低すぎると、相手に足をすかされやすいため気を付けます。
  • 釣り手を下げて相手の重心を崩すときは、柔道衣の襟を握って脱がせるような感じで下げると、腕同士が相対する状態になって相手は逃げづらくなります。このとき、引き手は下に引き下げるように動かします。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード