柔道武道館

大内返(おおうちがえし)

大内返

概 略

大内刈の返し技

技の特徴

大内返は、重心を十分に崩していない、お互いに胸を合わせないといった中途半端な大内刈を相手が仕掛けてきたときの返し技です。

技の性質

相手が大内刈をかけてきたときに、自分の体を相手の刈足の方向にねじるようにし、刈足の力を外側へ分散します。
相手は、足を刈ろうとしてすかされたような感じになるため、重心が不安定な状態になっています。
このとき、相手の刈足を一気に払い上げます。
足を払うときは、相手の刈足の指方向に払うようにすると、スムーズな動きになります。
足を払うと同時に、体をひねりながら、引き手で相手を後方に引き、釣り手で後方に押し込むように連携させることで、ダイナミックにきまりやすくなります。
大内返は、実戦においても比較的よく見られる技です。

技をかけるときのポイント

  • 相手が大内刈をかけてきたとき、相手の右手の押しが十分でない場合と判断したときに、大内返を仕掛けます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード