柔道武道館

大外刈(おおそとがり)

大外刈

概 略

“上半身で崩し、下半身で刈る”実戦で有効な足技

技の特徴

大外刈は、引き手を効かせて相手の重心を崩し、鎌で草を刈るように払って倒す技です。

技の性質

組み手は、相手を引き出しやすいように、釣り手で相手のちょうど鎖骨の辺り、引き手で肘の下辺りを握ります。
相手を引き手側に引き、体を入れながら、軸足を相手の釣り手横に踏み出します。
同時に、自分の釣り手側の足は膝を曲げて引き付け、相手の後ろ側へ回す準備をします。
このとき、相手をしっかり引き寄せて密着させることで、相手は重心が傾き、片方の足が浮いたようになり、払おうとする足に体重が乗り切った形になります。
重心が傾いた瞬間を見計らって、刈足を振り上げ、相手の足を前から後ろに向かって一気に刈り上げます。
刈り上げた足は自分の後方に振り上げますが、足の裏が天井に向くように振り抜くことで、技の勢いが落ちずに威力のある大外刈をかけることができます。
大外刈は、柔道の基本的かつ代表的な技のひとつです。
一見簡単に見える技ですが、実は、様々な重要ポイントがあり、難しい技です。

技をかけるときのポイント

  • 相手が大外刈を警戒し、間合いが詰められない場合は、相手の膝に刈足を引っかけて、片足でケンケンし、釣り手で相手のあごを押しながら、重心を崩す方法もあります。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード