柔道武道館

大外返(おおそとがえし)

大外返

概 略

大外刈へのカウンターパンチのような返し技

技の特徴

大外返は、相手がこちらを十分に崩し切れないまま、足だけで強引に大外刈をかけてきた場合に、逆に大外刈をかけるという大外刈の返し技です。

技の性質

相手が大外刈をかけようと、足を振り上げ刈ろうとしときに仕掛けます。
また、相手の軸足が十分に踏み込めておらず不安定なときもねらい目です。
相手が払おうとしている足で持ちこたえると同時に、軸足を踏み込み、釣り手を使って、相手を自分の方へしっかりと引き寄せます。
自分にしっかりと密着させて引き寄せることで、相手の重心が後ろへ崩れ、足を刈りやすくなります。
このとき、相手の刈足は浮いたような状態になっているため、一気に刈り上げます。
まさに、一瞬の隙を突いて返すカウンターパンチと言えるでしょう。

技をかけるときのポイント

  • 刈り上げた足を足の裏が天井に向くように自分の後方に振り抜くことで、技の勢いが落ちずに威力のある技をかけることができます。
  • しっかりと残心(力を緩めながらも注意している状態)をとることで、連続技へ持ち込むことができます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード