柔道武道館

大車(おおぐるま)

大車

概 略

足でダイナミックに回転させる大技

技の特徴

大車は、足の払いで相手を回転させて投げる技です。

技の性質

引き手で袖の脇の下辺りを、釣り手で中襟を握って組んだあと、半身になりながら引き、相手を前隅に崩します。
前隅に崩れ、体重のかかっている相手の足の太ももから下腹部辺りに、自分の釣り手側の足を前から回してあてるようにし、引き手と釣り手を効かせながら、さらに前隅に相手の重心を崩します。
それから、体のひねりを利用し、相手を勢い良く前に回転させるようにして投げます。
大車は、払腰足車とよく似た技です。
払腰と大きく異なる点は、相手の上体と自分の間に空間があること、払う足を跳ね上げないこと、払う足先が畳に付いていないことです。
また、足車との違いは、差し出す足の高さが大車の方が高いところです。

技をかけるときのポイント

  • 体勢が崩れないようにするため、腰を深く入れすぎないように気を付けます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード