柔道武道館

小外刈(こそとがり)

小外刈

概 略

連続して、またはフェイントをかけて仕掛ける実戦に有効な足技

技の特徴

小外刈は、相手を追い込み、体の後ろ側から足を掬って倒す技です。

技の性質

小外刈で足を刈る場合は、相手の膝裏を自分の内股に乗せるようにして重心を崩すタイプと、かかとを掬って倒すタイプがあります。
膝裏をかける場合は、ケンカ四つから、軸足を踏み込んだあと、刈足を相手の後ろに踏み出します。
足を踏み込むと同時に、膝を曲げ、釣り手で下に引いて、重心を下げていきます。
さらに、相手の膝の裏を内股に乗せるようにかけ、後退できないようにして倒します。
かかとにかける場合は、ケンカ四つから刈足でいきなり相手の足首を引っかけにいきます。
このとき、刈足の足首を返して相手のかかとをロックするようにすると、技がきまりやすくなります。
足首を捉えて、釣り手をしっかりと下げながら、上体を上から浴びせ倒すような格好になります。
技をかけたあとは、しっかりと残心(力を緩めながらも注意している状態)をとります。

技をかけるときのポイント

  • 相手が逃げようとして、体が半身になっているときは、この技をかけるチャンスです。
  • 別の技をかけると見せかけて、小外刈をかけるといったフェイントとしての使い方がよくなされています。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード