柔道武道館

小外掛(こそとがけ)

小外掛

概 略

瞬間的な足の運びが光る技

技の特徴

小外掛は、相手を追い込み、体の後ろ側に足をかけて倒す技です。

技の性質

小外刈とよく似ていますが、小外刈よりもやや深く入ってこすり上げ気味に掛け倒します。
一旦、相手を追い込み、後退させたあと、再び引いて、相手が踏み出そうとする瞬間をねらいます。
追い込まれた相手が、押し返してくるときに、こちらも引きながら下がると見せかけ、下がらずに逆に少し進めて、相手の踏み出そうとする足のかかと辺りに運びます。
かけた足の方向に、相手を引き出すように引き、もう片方の手で相手の肩から胸にかけて釣り上げるようにしながら、相手の重心を崩しつつ投げていきます。
このとき、自分の両手を効かせて、体重が完全に乗っている相手の足に自分の前の足裏をかけ、支えている足の膝のバネを使って斜め後ろに投げます。

技をかけるときのポイント

  • 出足の重心移動の瞬間をねらってフェイントとしてかけます。
  • 相手の足をかけ、支え足のみになったときに、大内刈などの逆襲に気を付け、俊敏に足を運びます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード