柔道武道館

払釣込足(はらいつりこみあし)

払釣込足

概 略

釣り込んで払う足技

技の特徴

払釣込足は、相手を釣り込んで崩し、足を払って倒す技です。

技の性質

釣り手で中襟、引き手で中袖と言う組み手から始めますが、相手が中袖をとらせないときは、両方とも中襟をとっても問題ありません。
その場合、左右どちらにでも展開できるという利点がありますが、相手の両手がフリーになるため、気を付けることも必要です。
払釣込足は、まず、相手を追い込み、後退させ、追い込まれた相手が、逆らって足を踏み出そうとするときに仕掛けます。
相手の体をこちらに引き付けることで技が効果的に仕掛けられるため、相手の踏み込みが足りない場合は、しっかりと引き込む必要があります。
相手が足を踏み込んで、重心をその足に移動するタイミングに合わせて、こちらは引き手と釣り手を効かせ、相手を前隅に崩します。
そのとき、重心がかかっている相手の足の外くるぶし辺りを、自分の足裏で外側から内側へ激しく払います。
払ったあとは、体を開いて体の前にねじ伏せるように倒します。
足の払いと手の釣り込みの連携で、相手を力強く中に浮かせて投げます。

技をかけるときのポイント

  • 足の踏み込みを十分にし、相手をしっかりと引き付けます。
  • 払いに入る自分の足を遠くに伸ばすには、お腹を突き出すようにします。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード