柔道武道館

払腰返(はらいごしがえし)

払腰返

概 略

払腰の返し技

技の特徴

払腰返は、払腰を仕掛けられたときに、逆に足を払って落とす技です。

技の性質

相手は、払腰をかけようと、釣り手で鎖骨の上辺り、引き手で肘の辺りをしっかりつかんで足を踏み出し、体をひねって密着させ、こちらを前方に引き出そうとします。
さらに、釣り手と引き手を使って相手の重心を前へ崩したところで、足首付近を払おうとねらってきます。
このとき、こちらの重心を前へ十分に崩し切れていない場合、払腰返のチャンスとなります。
こちらは、腰に乗せられまいと踏ん張り、釣り手で相手のあごを押すようにし、引き手で相手を引き付けながら、後ろ足に体重を移動させ、重心を後ろへ移します。
相手が後方に崩れ、立て直して支点になる前足に重心を留めようとするときに、背後から相手の軸足を払って、下に落とすように倒します。
刈るときは、相手の膝からすね側面に自分のふくらはぎをあて、外側から内側ヘ向かって蹴り出すように払います。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード