柔道武道館

突込絞(つっこみじめ)

突込絞

概 略

単純で仕掛けやすい絞め技

技の特徴

突込絞は、仰向けの相手に馬乗りになって襟を使い、頸部を絞める技です。

技の性質

この技は、数ある絞め技の中でも、最も簡単に仕掛けることができる技です。両手とも相手の前襟を握り、片方で押し、もう片方で引いて、襟を巻くように絞めます。このとき、前に出す手の拳に襟を巻いて頸部を圧迫し、もう片方の手で相手の前襟を強く握り、引くようにして絞めます。
相手の頸部にあたる部位は、前に出す腕によって、小指側をあてる場合と親指側をあてる場合があります。突込絞は、両手で絞めるだけの技で、無防備なまま馬乗りになっていることから、相手が上級者の場合は、関節をとられる恐れがあるため、警戒が必要です。
中学生の試合では、関節技が禁止されているため、機会があれば活用したい技です。

技をかけるときのポイント

  • 相手を拳で直接絞めると反則となるため気を付けます。
  • フリーになっている部位を使っての返しを警戒します。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード