柔道武道館

袖車絞(そでぐるまじめ)

袖車絞

概 略

袖口を使って絞める技

技の特徴

袖車絞は、自分の袖口を使って、相手の咽喉元を絞める技です。

技の性質

相手の首に腕を回し、その袖を反対側の手でしっかりとつかみます。相手の首を抱え込むような体勢から、つかんだ袖を離さないようにしっかり持ったまま、相手の首に回している腕を、相手の咽喉元に移動します。このとき、袖口と腕が、相手の首に回っているような格好になります。 相手を絞めるときには、両手首を使い相手の咽喉元を押し、自分の上体は相手から遠のくように後ろに引きます。腕と体の反作用を使うことで、より強く絞めることができます。
実戦では、頻繁に使われる技ではありませんが、技の特徴から、手が長く、比較的細身の選手がかけやすいとされる技です。

技をかけるときのポイント

  • 袖をつかむときに、袖口の隙間を少なくして、効果的に絞めるため、つかむ側の手を袖の内側から入れて、手首を返すようにひねります。
  • 相手の袖口に手を入れるのは、反則になるため気を付けます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード