柔道武道館

三角絞(さんかくじめ)

三角絞

概 略

両足を交差させて絞める技

技の特徴

三角絞は、両足を使って、相手の首と腕を同時に絞める技です。

技の性質

この技は、上からかけるタイプや下からかけるタイプなど、体勢に応じて自在に仕掛ける、バリエーションに富んだ技です。その名の通り、きまったときの両足の形が三角形になります。
捨て身技を仕掛けたあとに引き込み、この技を仕掛けていく方法があります。下から絞める場合は、自分が仰向けになった状態で、両足を使い、相手の首と肩をロックします。ちょうど、自分の股間に相手の片腕と頭を挟み込むような格好になります。
挟んでいる相手の袖または襟をつかんで引き込み、しっかりと絞めていきます。このとき、首のみを絞めると、危険な上、「反則」となりますので、気を付けます。女子の場合、両足で相手の首と肩を絞め、さらに、柔軟性を活かして、体をひねり相手の片足をつかむ体勢で絞める方法もとられます。
実戦では、三角絞できめ切れない場合に、三角絞の形を保ったまま、自分の上体を覆い被せて崩上四方固に移るケースもよく見られます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード