柔道武道館

両手絞(りょうてじめ)

両手絞

概 略

両手で絞める技

技の特徴

両手絞は、奥襟をとった両手で、相手の頸部を絞める技です。

技の性質

相手の前方から、両手で相手の両奥襟を握り、しっかりと引いて、相手の頸部を圧迫します。このとき、拳を襟に巻き付けるようにしながら引くことで、力が入りやすくなり、強く絞めることができます。
両手絞は、立ち姿勢で正対した位置から両手だけで絞める場合と、仰向けになった姿勢で手と脚で絞める場合の2種類があります。両手で絞める動作に加えて、相手を自分の両足で抑えながら相手の自由を奪うと、より効果的に絞めることができます。
例えば、自分が下になる体勢の場合、自分の両足を上げ、膝の辺りで相手の首を挟むようにし、両足首を絡めて膝を絞ります。その場合、自分の両足で相手の肩を抑え、絞めている両手を手前に引くようにして、反作用を効果的に使うと、絞める力が強まると同時に、相手が前に倒れて逃れようとするのを防ぐことにもつながります。
ただし、足のみで絞めると、反則をとられるため、気を付けます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード