柔道武道館

送襟絞(おくりえりじめ)

送襟絞

概 略

襟で絞める技

技の特徴

送襟絞は、襟を使って相手の頸部を絞める技です。

技の性質

相手の後方、または側方から両手で相手の襟を握って絞めます。相手を後ろから抱え込むような体勢で、片方の手を相手のあごの下から回して反対側の横襟を握ります。
もう片方の手は、脇の下から回して反対側の襟を握ります。両手を引き絞って、相手の頸部を絞めていきます。
このとき、両手の絞りに加え、自分の体を背後から密着させることよって、さらに絞める力を強めます。相手がうつ伏せて首を縮め、絞められないように頑張っているときは、相手の背後から自分の両足で抱きかかえるように絡ませ、自分の胸を上に開くようにすると、相手の体が反り、腕を差し込むチャンスができます。
送襟絞は、よく使われ、相手の体勢によって形が変わる、変化に富んだ技ですが、襟を使った絞りがこの技の特徴となっています。

技をかけるときのポイント

  • 相手が仰向けになっているときは、背後から両足で相手の腰を挟むようにすると、相手の姿勢が不安定になり、効果的に技をかけることができます。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード