柔道武道館

片手絞(かたてじめ)

片手絞

概 略

片手で効果的に絞める技

技の特徴

片手絞は、柔道衣の襟を利用し、相手の頸部を片手で圧迫して絞める技です。

技の性質

片手絞は、片手で相手の頸部を絞めますが、足やもう片方の腕で相手の自由を制し、効果的にきめます。
まず、仰向けになった体勢で相手の背後から、腕を回し、相手の反対側の横襟を握ります。このとき、絞める腕側の足で相手の片腕を上から抑え、絞めている手で相手の横襟を引いて、しっかりと相手の頸部を圧迫します。この時点で、かなりのダメージとなりますが、より確実にきめるために、自分のもう片方の足を、相手の腹の上に乗せるようにし、両足と片手を効かせて、相手の上半身を制します。
さらに、もう片方の手で、相手の片足を掬い上げるようにとり、相手の下半身も制します。フリーになっている相手の袖をつかみ、掬い上げた足とともに抑える方法もあります。
片手絞は、この他にも、相手を後転させ畳に頭を押し付けた体勢で、相手の片襟を握り、その腕で相手の咽喉元を圧迫する方法があります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード