柔道武道館

片羽絞(かたはじめ)

片羽絞

概 略

片腕を制する絞め技

技の特徴

片羽絞は、相手の片方の腕を捉え、両手を連動させて頸部を絞める技です。

技の性質

腕を羽と見たその形から片羽絞と言う名が付けられました。
相手の背後から片方の腕を首に回し、反対側の横襟を握ります。もう片方の手で、相手の脇を掬って腕を上に上げて抑え、その手は、相手の頭の後ろから通し、横襟をとっている腕と連動させて強く絞めます。このとき、相手の頭の後ろから回した腕で、首に回している腕をつかむようにして強く引くと、絞める力が強まります。
また、相手の片腕をとった手の二の腕で、相手の後頸部を前に押し、さらにプレッシャーをかけます。相手を横に崩して絞める場合でも、両足で相手をしっかりと抑え、相手の体に密着することで、効果的に絞めることができます。
この技は、片腕の自由を奪われ、気管支を圧迫される強烈な技です。防ぐためには、相手が腕を自分の脇の下へ入れようとするときに、両足を畳に効かせ、頭を後ろに反らして、プレッシャーをかけます。
また、上げられた自分の腕ともう片方の腕を利用して、相手の袖を引き、脇の下へ逃れる方法もあります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード