柔道の技辞典

片十字絞(かたじゅうじじめ)

片十字絞

概 略

頚動脈を圧迫し血液の循環を止める絞技

技の特徴

片十字絞は、交差した手(順手と逆手)で襟を握り、首を絞める技です。

技の性質

十字絞は、腕を交差して相手の襟をつかみ、その名の通り、絞める手が十字になっています。十字絞と呼ばれるものには、並十字絞逆十字絞、片十字絞の3つがあり、それぞれ、襟の持ち方に違いがあります。 片十字絞の襟のつかみ方は、片方の手が順手(並十字絞の握り方)、もう片方が逆手(逆十字絞の握り方)になるようにします。
片十字絞の場合は、片方の小指付け根が相手の右頚動脈にあたるようにします。片方の手で絞めても効果は十分あります。
仰向けになっている相手に馬乗りになって絞める場合、または、相手の下から絞める場合などがありますが、手の握り方がこの技の基本となります。絞める場合は、相手を十分引き付けて、両足を利用して相手の自由を奪います。
また、自分の両手は相手の奥襟を握ることで、しっかりと絞めることができます。絞めているこちらの両肘を相手が押し上げて逃れようとする場合があるため、自分の両肘を曲げながら腰を浮かし、上体を相手に覆い被せるように上方に倒して抑え、防ぐ方法があります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード