柔道武道館

横四方固(よこしほうがため)

横四方固

概 略

相手の上体を制してきめる抑込技

技の特徴

横四方固は、相手の上体に自分の上体を横向きで乗せて抑え込む技です。

技の性質

この技は、相手の上体をいかに制するかがポイントとなります。
まず、片手を相手の首の後ろに回してしっかりと襟をとり、やや前のめりになりながら腕と上体で相手の肩からあごの辺りを抑え付けます。
このように、上体をしっかりときめることで、相手は、逃げる方向を一方向のみに限定され、自分が有利になります。
上体を捉えながら、もう一方の手を相手の内股から差し入れて、下ばきの太ももの裏側辺りをつかみます。
このとき、相手に近い方の膝を曲げて、相手の脇腹にしっかりと密着させて抑え、もう片方の足を伸ばしてバランスをとりながら抑え込みの体勢を保っていきます。
この他、横四方固は、帯をつかんで下腹部を抑え込むタイプもあります。
逃れ方として、空いている方の手で後帯をつかみ、ブリッジをしながら、相手を回転させる方法が実戦でもよく使われているため、警戒が必要です。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード