柔道武道館

崩袈裟固(くずれけさがため)

崩袈裟固

概 略

袈裟固の変化技

技の特徴

崩袈裟固は、正式な袈裟固以外のものを指し、様々なタイプがあります。

技の性質

相手の顔でなく足の方を向いた体勢で抑える後袈裟固では、相手の腕を脇に挟んでしっかりとロックし、もう片方の手で相手の下ばきをつかんで抑えます。
このとき、相手に背中が向いていると、抑え込みにならないため、体を乗り出し下を向くようにします。
相手はブリッジをしたり、ロックされていない方の手を使って防ごうとしてきますが、足を大きく前後に開いてバランスをとり、脇に挟んだ相手の腕をしっかりとロックすることで持ちこたえます。
崩袈裟固と言われる技の別タイプには、相手の脇に自分の腕を差し入れ、もう片方の脇で相手の腕を挟み込み、しっかりとロックして相手が腕を使えないような状態にして抑え込む方法もあります。
この場合も袈裟固と同様に、相手の頭に近い方の足は前に伸ばし、もう片方の足は、膝を立てて、バランスをとり、持ちこたえます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード