柔道武道館

崩上四方固(くずれかみしほうがため)

崩上四方固

概 略

上四方固の変化技

技の特徴

正式な上四方固以外のものを崩上四方固と呼んでいます。

技の性質

崩上四方固は、上四方固と同様に、仰向けになった相手の頭上方向から抑えます。
上四方固が、両腕とも同じように相手の両肩の下から横帯をとりにいくのに対して、崩上四方固は、左右のとり方が違います。
右腕は、相手の右腕を脇に挟み込むようにして抱きかかえ、後襟をとり、左腕は、上四方固と同様に相手の肩の下から滑り込ませ、横帯をとる方法の他に、両方の手を相手の背中で交差させて、相手の後ろ帯を握って引き付ける方法があります。
逃れ方として、体をこきざみに働かせ、自分の左手で相手の左肩越しに後帯をとり、ブリッジをして返す方法があります。
そのため、両足を大きく開いて踏ん張り、十分に相手を自分の胸に引き付けてしっかりと抑えます。
この崩上四方固は、自分のお腹で相手の顔に覆い被さるような体勢ばかりでなく、右肩寄りになるなど、試合の状況に応じて使い分けます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード