柔道武道館

袈裟固(けさがため)

袈裟固

概 略

重量級に有利な基本の抑込技

技の特徴

袈裟固は、相手の首に腕を回し、相手の体を自分の上半身で抑える技です。

技の性質

相手の首の後ろへ自分の腕を回し、抱きかかえるようにし、上体の自由を奪います。
また、自分の胸側にある相手の腕を脇に挟み、ロックして腕を使えないようにします。
さらに、自分の顔を相手の顔に近づけるようにして、自分の上体でしっかりと相手を抑え込みます。
このとき、相手の動きにバランス良く対応できるよう、片方の足を前に伸ばし、もう片方の足は膝を立てておきます。
抑え込まれている相手が、下から背中を引っ張り、ひっくり返そうとする場合があるため、その場合は、相手の首から手を離し畳に付いてバランスをとるようにします。
実戦では、この技に対し、体が柔らかい女子選手に有利な逃れ方として、腰をひねってお尻を上げる方法が使われることも少なくありません。
袈裟固と言うのは、僧侶が肩からかけて着ける袈裟に似た体勢をとるため、この名が付けられました。
柔道を始めてまず習う基本の抑込技です。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード