柔道武道館

上四方固(かみしほうがため)

上四方固

概 略

最も頻繁に使われる寝技

技の特徴

上四方固は、仰向けになった相手の頭側から自分の両腕と体を使って抑え込む技です。

技の性質

仰向けになった相手の頭側から両肩の下に自分の両手を滑り込ませ、相手の横帯をしっかりとつかみます。
相手の両肩の下からでなく、両脇の上から帯をとった場合、相手が万歳をした形になり、両手がフリーになるため、この体勢は好ましくないようです。
帯をとったら、自分の両脇をしっかりと締めて、自分のお腹で相手の顔を抑えるようにします。
このとき、しっかり胸を張り相手を抑え、両足はバランスをとるために大きく開きます。
逃れ方として、両手を突き上げ、体をずらしながら、ひねってうつ伏せになるといった方法があるため、脇をしっかりと締めて、相手の腕が自由にならないようロックしておきます。
上四方固は、階級や男女を問わす、実戦でもよく使われます。
袈裟固などに比べると、安定しているため、小柄な選手にとっても有利となる技です。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード