柔道武道館

腕挫腕固(うでひしぎうでがため)

腕挫腕固

概 略

腕で固める関節技

技の特徴

腕挫腕固は、相手の片腕を自分の胸に抱きかかえるように締め付け、肘関節をきめる技です。

技の性質

自分が上から抑え込もうとしている相手が、逃れるためにこちらの襟をつかもうと腕を伸ばしてきたときが、この技をかけるチャンスです。相手が伸ばしてきた腕をとり、自分の両手で抱きかかえるようにします。このとき、相手の手首が自分の顔の横にくるようにし、自分の膝は相手の脇腹辺りに押しあてるようにします。相手は、体の片側を畳に付け、畳に対して真横になったまま腕をとられている状態で、脇腹をロックされ、肘を抱えられ「てこの原理」で腕を反るように伸ばされる格好になります。
このとき、自分は、後ろに下がるようにしながら、お腹の方へ相手の腕を引き寄せて、しっかりと肘関節をきめます。しっかりときまれば、「参った」が出ますが、この技で勝負がきまるというケースは少ないようです。
この技からさらに抑込技へと移行するケースが試合ではよく見られます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード