柔道武道館

腕挫手固(うでひしぎてがため)

腕挫手固

概 略

両手で肘関節を攻める技

技の特徴

腕挫手固は、自分の両手を使って、相手の腕を捉え、相手の肘関節をきめる技です。

技の性質

腕挫手固には、袈裟固横四方固などの固技から、この技へ移行することがほとんどで、きめ方には様々なバリエーションがあります。袈裟固から移行する場合は、抱え込んでいた方の相手の腕をきめます。
手首を握り、大きく開いた足の大腿部に乗せ、肘関節の逆側に押してきめます。
横四方固から移行する場合も、同様に抱え込んでいた相手の腕をきめます。 相手の腕を抱え込み、抑え込んでいる状態から、相手の肩側の手を相手の手首に移動します。相手の脇側を絞めていた自分の手を相手の肘辺りにずらし、手の甲を上にして反対側の自分の手を握り、しっかりと組み合わせます。
このとき、自分の片方の手を、相手の腕の肘下にあてて支点にし、もう片方の手で手首を押すことによって、相手の肘関節を逆側へ反らすように伸ばします。このように「てこの原理」を使うことで、強くきめることができます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード