柔道武道館

腕挫三角固(うでひしぎさんかくがため)

腕挫三角固

概 略

三角絞によく似た技

技の特徴

腕挫三角固は、両足を組んで相手の片腕と首を挟み込み、肘関節をきめる技です。

技の性質

腕を捉えるために組んだ足の形が三角形になることから、腕挫三角固と呼ばれています。四つん這いになっている相手の片腕をつかみ、すばやく相手の下から両足で相手の片腕と首を挟み込み、しっかりと捉えます。このとき、相手は、腕と首を挟まれて、四つん這いのまま、前に引き出されるような格好になりますが、こちらの足で下半身が抑えられているため、腕だけが引っ張られる状態になっています。その体勢から、自分のお腹を突き出し、ブリッジをするような姿勢をとり、相手の腕を反るように伸ばして肘関節をきめます。
実戦で見られるケースでは、四つん這いになった相手の腕と後帯辺りをつかみ、相手を返すように倒れ込みながら、両足をかける場合もあります。その場合、倒れ込みながら、すばやく相手の片腕と首を自分の両足で挟み、その腕の手首をつかんで関節の逆側に押すようにしてきめます。
この技は、三角絞との共通点が多く、技術的難度の高い技です。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード