柔道武道館

腕挫十字固(うでひしぎじゅうじがため)

腕挫十字固

概 略

関節技の代表格

技の特徴

腕挫十字固は、相手の片腕を自分の太腿に挟んで絞め、自分の両手で相手の腕全体を反らせるように伸ばしてきめる技です。

技の性質

仰向けになった相手の体と自分の体が直角になるように位置します。
腕挫十字固の名は、このように相手と自分の体が十字の形になることに由来します。両手で相手の片腕をとった状態で、自分の両太腿の間にその腕を挟み込み、両足首は、相手の反対側の腕を挟むように絡めます。このとき、自分の両膝を絞め、相手の肘辺りをしっかりと挟むことで、そこを支点に「てこの原理」を応用して、効果的にきめることができます。
肘をしっかり挟んだ体勢をとったら、そのまま相手の腕を自分の胸に引き付けるようにして肘関節をきめます。肘関節が柔らかい女子選手などには、ややきまりづらいこともあるようです。
実戦においては、巴投などを仕掛けたあとに、腕挫十字固へ移行するパターンが時折見られます。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード