柔道武道館

腕挫膝固(うでひしぎひざがため)

腕挫膝固

概 略

腕挫腕固と同類技

技の特徴

腕挫膝固は、膝を使って相手の肘関節をきめる技です。

技の性質

この技は、相手が寝技で攻めてきたとき、伸ばしてきた相手の腕をとって、自分の両膝できめます。
相手の腕をとると同時に、しっかりと自分の体に引き寄せます。このとき、相手の腕を自分の脇に抱き込むようにして引き寄せる場合や、仰向けになった相手の上体に覆い被さるようにし、肩を組むように腕を首に巻き付けて引き寄せる場合などがあります。相手の片腕をしっかりと引き寄せた体勢から、相手の腕を自分の両足で挟み、手首を固定させたあと、膝を使って相手の肘関節をきめていきます。
そのきめ方は、様々なパターンがあります。例えば、袈裟固から変化させる場合、相手が抑え込まれた腕を抜こうとしたとき、こちらはその腕の手首をとってすばやく両足の間に挟み込みます。相手の手の甲が上になるように、曲げた自分の膝の内側に挟んでロックし、関節の逆側に抑えてきめます。
この場合、両膝を絞めることで、相手の上腕を押し上げ、肘から下を押し下げるような格好となり、腕を反らせるように伸ばすような格好になります。
この技も、基本的には腕挫腕固とよく似ており、「てこの原理」を使います。技術的難度の高い技です。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード