柔道武道館

腕挫腹固(うてひしぎはらがため)

腕挫腹固

概 略

お腹の出ている選手が使うと有利な関節技

技の特徴

腕挫腹固は、相手の片腕を自分のお腹で抑えてきめる技です。

技の性質

片膝を立ててしゃがんだ姿勢で、四つん這いになった相手の上から後襟と後帯を握り、斜め前方に引き出します。
このとき、相手の腕が伸び、脇に隙間ができたところをねらって、膝を立てていた方の足をすかさず差し入れます。相手の腕を自分の足で巻き込むように抱えて腹ばいになり、その足はもう片方の足と4の字に組むようにします。相手の片腕をきめたまま、お腹を突き出し、体を反るようにして相手の腕に体重をかけ、肘関節をきめます。
実戦でよく見られる方法には、横から相手の腕をとる方法もあります。横並びに位置し、相手に近い方の膝を畳に付け、もう片方の膝を立ててしゃがんだ姿勢で、相手に近い方の腕で相手の反対側の襟を握り、もう片方の手で相手の腕をとって立てた足の上に持ってきて自分のお腹に付けます。この状態から、相手の腕に自分のお腹を押しあてるようにして、肘関節をきめます。
実戦では、この技から抑込技へ移行することが多いようです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード