柔道武道館

腕緘(うでがらみ)

腕緘

概 略

肘を強くきめる関節技

技の特徴

腕緘は、「てこの原理」で相手の肘関節をきめる技です。

技の性質

片方の手で伸ばしている相手の腕の手首をつかみます。もう片方の手を相手の腕の下からちょうど相手の肘を下から抱え込むように回し、手首をつかんでいる自分の手首を握ります。
このとき、相手をつかむ手は、両方とも手の甲が見えるようにします。相手の腕下に回している手を上げ、相手の手首をつかんでいる手を下げることで、「てこの原理」によって、相手の肘関節を強くきめることができます。
実戦においては、横四方固などを仕掛けたとき、抵抗してきた相手の腕をねらって腕緘を仕掛けるというように、抑込技から移行するパターンが効果的です。また、その逆で、腕緘を仕掛けると見せかけて、抑込技に転ずるというパターンもあります。
腕緘は、横になった体勢でも、立ち姿勢でも仕掛けることができ、肘関節をきめられると、大方すぐに「参った」が出るようです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード