柔道武道館

腕挫脚固(うでひしぎあしがため)

腕挫脚固

概 略

両足で肘関節を攻める技

技の特徴

腕挫脚固は、相手の腕に自分の両足を絡めて、相手の肘関節をきめる技です。

技の性質

腕挫脚固には、様々なバリエーションがあります。相手がうつ伏せや袈裟固などで仰向けになっている体勢からかけることができます。
相手がうつ伏せのときは、その片腕をとり、自分の片足を巻くようにかけて、そのまま相手の体の上に覆い被さるような体勢になります。このとき、相手の腕に絡ませた自分の足は、もう片方の足と4の字のような形に組み、相手の肘の辺りを挟みます。そのまま、体を反らせるようにして、相手の肘関節を逆に反らせます。
また、袈裟固のような体勢からかける場合は、仰向けになった相手の上から、首に腕を回して密着し、腕を両足の間で捉えます。このとき、下になった足に乗せて相手の上腕を浮かせ、もう片方の大腿部で相手の肘を圧迫します。
その他にも、後ろへねじるようにしてきめる場合もあります。実戦では、抑込技や固技からこの技に転じる場合がほとんどです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード