柔道武道館

足緘(あしがらみ)

足緘

概 略

禁止技

技の特徴

足緘は、相手の片足に、自分の両足を絡ませてねじり、膝の関節をきめる技です。

技の性質

うつ伏せになっている相手の両足の間に、自分の両足を入れて、相手の片足を挟むように回し込みます。このとき、捉えた相手の足を腕で抱くようにしてしっかりと体に密着させます。
自分の両足は、相手の片足にしっかりと絡ませ、ねじるように回しながら、さらに足先を相手の腰の下に差し込み、強くねじります。畳に付けている方の手では、相手の片袖を握り、引き寄せて足と連動させながら、相手の膝関節を強くきめます。
足緘は、河津掛と同様に、脚部の関節を痛める可能性が高いため、危険性のある技とされ、禁止技となっています。現在の国際ルールの反則技は、「蟹挟」「足緘」「河津掛」「胴絞」の4つです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード