日本柔道の今を綴る柔道ブログ

原沢が、3年ぶり2度目の優勝を達成!/柔道チャンネル

2018年4月29日(日)

原沢が、3年ぶり2度目の優勝を達成!


皆さん、こんにちは絵文字:笑顔

2017年4月29日(日・祝日本武道館(東京都)で開催された「平成30年度全日本柔道選手権大会」が終了ピカピカ

原沢久喜(日本中央競馬会)が王子谷剛志(旭化成)を指導差で破り3年ぶり2度目の優勝を飾りました笑顔音符


原沢が、3年ぶり2度目の優勝を達成!


試合開始時点から激しい攻防が繰り広げられた決勝戦。延長戦を含めて9分16秒という長い戦いの末に勝利を掴んでいますピカピカ

試合直後、原沢選手が嬉し泣きする姿に心打たれました泣き顔


原沢が、3年ぶり2度目の優勝を達成!


先の「平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会」で優勝して注目されていた小川雄勢選手(明治大学4年)は、王子谷選手に出足払の技ありを奪われ準決勝戦で敗退しています涙

なお、大会終了後の代表選考会議にて、今年9月に開催される「2018年バクー世界柔道選手権大会/国別団体戦」男子柔道日本代表が決定・発表され、個人戦では男子60kg級の永山竜樹選手(東海大学4年)、100kg超級の原沢久喜選手、小川雄勢選手らが新たに選出されましたピカピカ

現在決定している代表選手は以下の通りです。

【男子】
60kg級 高藤 直寿(パーク24)
60kg級 永山 竜樹(東海大学4年)
66kg級 阿部 一二三(日本体育大学3年)
73kg級 橋本 壮市(パーク24)
81kg級 藤原 崇太郎(日本体育大学2年)
90kg級 長澤 憲大(パーク24)
100kg級 ウルフ アロン(了徳寺学園職員)
100kg超級 原沢 久喜(日本中央競馬会)
100kg超級 小川 雄勢(明治大学4年)

【女子】
48kg級 渡名喜 風南(パーク24)
52kg級 阿部 詩(夙川学院高校3年)
52kg級 志々目 愛(了徳寺学園職員)
57kg級 芳田 司(コマツ)
63kg級 田代 未来(コマツ)
70kg級 新井 千鶴(三井住友海上)
70kg級 大野 陽子(コマツ)
78kg級 濱田 尚里(自衛隊体育学校)
78kg超級 朝比奈 沙羅(パーク24)


9月の世界柔道選手権大会出場に向けて選手の皆さんには頑張って欲しいですね絵文字:指でOK


素根輝が皇后盃初出場、初優勝を達成!/柔道チャンネル

2018年4月22日(日)

素根輝が皇后盃初出場、初優勝を達成!



皆さん、こんにちは絵文字:笑顔

女子柔道無差別で日本一を決める「第33回皇后盃全日本女子柔道選手権大会」素根輝選手南筑高校が決勝で、冨田若春選手(コマツ)に反則勝ちで勝利し、大会優勝を果たしました絵文字:王冠

素根輝選手は、本大会初の出場で初優勝を達成しました絵文字:ピカピカ


素根輝が皇后盃初出場、初優勝を達成!



先日行なわれた平成30年度全日本選抜柔道体重別選手権大会でも優勝を飾っている素根選手。

「絶対に優勝したい」という強い気持ちで試合に臨み、最後まで集中力を切らさず試合ができたことが勝因だったとインタビューでは答えていましたひらめき  

9月にアゼルバイジャンにて開催される2018年バクー世界柔道選手権大会の日本代表選考を兼ねていた今大会で勝利し、団体戦女子78kg超級代表の座を獲得しました絵文字:ドン

今の勢いのまま、バクー世界柔道選手権大会でも大活躍してもらいたいものですね絵文字:ウッシッシ

一流選手の登竜門!「全日本カデ柔道体重別選手権大会」開催間近/柔道チャンネル

2018年4月13日(金)

皆さん、こんにちは!笑顔

4月7日()〜8日(「平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会(以下、選抜体重別)が開催されました。今年も選ばれし選手たちが火花を散らす、熱い大会となりましたねパンチドン

今年の9月に開催される「バクー世界柔道選手権大会(以下、世界選手権)の代表選手(男子100kg超級、女子78kg級以外)も発表され、今後も目が離せません目ピカピカ


選抜体重別が終了しても、4月はまだまだ注目大会が目白押し!!うれしい顔

女子柔道日本一を決する「第33回皇后盃全日本女子柔道選手権大会」4月22日(に横浜文化体育館(神奈川県)で開催。
さらに、男子柔道日本一を決する「平成30年全日本柔道選手権大会」4月29日(日・祝に日本武道館(東京都)にて開催されます。

これら2大会も、選抜体重別と同様に世界選手権の代表選考大会!!
世界選手権の日本代表選手が、ここですべて決定します!一体どの選手が選ばれるのでしょうか?要注目ですね笑顔


そんな3大柔道大会にも負けず劣らず注目される大会が、今週末の4月15日(に行なわれる「平成30年度全日本カデ柔道体重別選手権大会(以下、全日本カデ)!!

一流選手の登竜門!「全日本カデ柔道体重別選手権大会」開催間近

この大会は、2011年から毎年開催されている、カデ(大会開催年の12月31日時点で15歳以上18歳未満)のジュニア選手による全国柔道大会です。

ここで存在感を見せ付けることができれば、全柔連強化選手に選考される、あるいは強化指定区分がランクアップする可能性があります。さらには、国際大会出場への大きなきっかけとなることも!!ドン

そういった意味でもこの大会は、ジュニア選手にとって次のステップへと繋がる大事な大会。日本柔道界を牽引している全柔連A強化選手の中にも、過去にこの全日本カデで優勝に輝いている選手がいます!目

全日本カデ優勝歴を持つA強化指定選手は、以下の通りです。

【男子】
永山竜樹(2011、2013年)
ウルフアロン(2012年)
阿部一二三(2013、2014年)

【女子】
近藤亜美(2011年)
芳田司(2011年)
朝比奈沙羅(2011年)

この6名の選手たちは、いずれも優勝したその年に国際大会へ出場し、輝かしい成績を残しました王冠
そして今では、世界でも活躍する最有力選手ピカピカ


一流選手の登竜門!「全日本カデ柔道体重別選手権大会」開催間近

そう考えると、この全日本カデは言わば「一流選手への登竜門」と言えるのかもしれません指でOK

ここから次世代を担う柔道家がまた生まれるのかと思うと、俄然楽しみになってきますよねうれしい顔
若き選手たちの活躍ぶりを、刮目して見届けましょう!!パンチドン


最終日、男子100kg超級 小川雄勢選手が大会初優勝!/柔道チャンネル

2018年4月8日(日)

最終日、男子100kg超級 小川雄勢選手が大会初優勝!

皆さん、こんにちは絵文字:笑顔

2018年4月7日()・8日()に福岡国際センターで開催された「平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会」が終了しましたピカピカ

最終日の8日()は、男女計7階級が行なわれ、男子100kg超級小川雄勢選手(明治大学4年)が原沢久喜選手(日本中央競馬会)を指導差で下し、大会初優勝を達成しました笑顔音符


最終日、男子100kg超級 小川雄勢選手が大会初優勝!


また男子90kg級決勝戦は、長澤憲大選手(パーク24)が、2016年リオデジャネイロ五輪(柔道)金メダリスト・ベイカー 茉秋選手(日本中央競馬会)と対決パンチ試合は延長戦にもつれ込む接戦が続きましたが、長澤選手が内股で技ありを奪い見事初優勝を果たしていますピカピカ


最終日、男子100kg超級 小川雄勢選手が大会初優勝!


その他の階級では、女子48kg級の山崎珠美選手(自衛隊体育学校)が小外掛で遠藤宏美選手(綜合警備保障:ALSOK)を破り大会初優勝。52kg級志々目愛選手と角田夏実選手の了徳寺学園同士の戦いは、角田選手に軍配が上がりました
王冠ピカピカ

なお、大会終了後に行なわれた強化委員会で、9月にアゼルバイジャンで開催される2018年バクー世界柔道選手権大会の代表14人中12人(男子6人・女子6人)が発表され、男子66kg級の阿部一二三選手(日本体育大学)、73kg級の橋本壮市選手(パーク24)、女子70kg級の大野陽子選手(コマツ)らが選出されました。

現在決定している代表選手は以下の通りです。


【男子】
60kg級 高藤 直寿(パーク24)
66kg級 阿部 一二三(日本体育大学3年)
73kg級 橋本 壮市(パーク24)
81kg級 藤原 崇太郎(日本体育大学2年)
90kg級 長澤 憲大(パーク24)
100kg級 ウルフ アロン(了徳寺学園職員)

【女子】
48kg級 渡名喜 風南(パーク24)
52kg級 志々目 愛(了徳寺学園職員)
57kg級 芳田 司(コマツ)
63kg級 田代 未来(コマツ)
70kg級 大野 陽子(コマツ)
78kg級 濱田 尚里(自衛隊体育学校)


男子100kg超級は、4月29日()に開催される全日本柔道選手権大会後、女子78kg超級は4月22日()に開催される皇后盃全日本女子柔道選手権大会後に強化委員会が開かれ、代表選手の発表が予定されています笑顔上向き矢印またあわせて各階級の2枠目についても4月22、29日に発表される予定のようです。

9月の世界柔道選手権大会出場に向けて選手の皆さんには頑張って欲しいですね絵文字:指でOK

平成30年全日本柔道体重別選手権が開幕!/柔道チャンネル

2018年4月7日(土)

平成30年全日本柔道体重別選手権が開幕!

皆さん、こんにちは絵文字:笑顔

今年9月にアゼルバイジャンで開催される2018年バクー世界柔道選手権大会の代表選考会を兼ねた「平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会」が開幕しました絵文字:ピカピカ

今大会には、男女各7階級に計111選手が出場。

本日(4/7)より2日間、福岡国際センターで熱戦が繰り広げられます絵文字:上向き矢印

大会初日は、男子60〜73kg級と女子63〜78kg超級の計7階級の試合が行なわれ女子78kg超級は南筑高校の素根輝選手が、優勝候補の一人だった朝比奈沙羅選手(パーク24)を破る快進撃を見せ、見事大会連覇王冠を達成しましたウッシッシ絵文字:上向き矢印

表彰式で嬉し泣きしていた姿が非常に印象的でしたね考えてる顔

男子60kg級の優勝候補だった永山竜樹選手(東海大学)は、今大会で準優勝した米村克麻選手(センコー)に初戦で敗れ優勝なりませんでした落胆


平成30年全日本柔道体重別選手権が開幕!


大会初日は、男女共に有力候補が次々と敗れる大波乱雷となりました。そんな中、男子73kg級の橋本壮市選手(パーク24)が終始落ち着いた戦いで大会連覇を果たしています笑顔上向き矢印


平成30年全日本柔道体重別選手権が開幕!


大会初日の優勝者は以下の通りピカピカ

◆男子60kg級
王冠優勝:大島優磨(旭化成)

◆男子66kg級
王冠優勝:丸山城志郎(ミキハウス)

◆男子73kg級
王冠優勝:橋本壮市(パーク24)

◆女子63kg級
王冠優勝:能智亜衣美(了徳寺学園職員)

◆女子70kg級
王冠優勝:大野陽子(コマツ)

◆女子78kg級
王冠優勝:高山莉加(三井住友海上)

◆女子78kg超級
王冠優勝:素根輝(南筑高校)

明日も男女計7階級が行なわれ、各階級で王者が決定します
選手がどんな試合を見せてくれるか今から楽しみですね笑顔

[4月2日]
【男子】

・81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級

【女子】
・48kg級、52kg級、57kg級


試合結果は、柔道チャンネル内でも掲載中です鉛筆
ぜひ、ご確認下さい笑顔

柔道チャンネル
ホームメイト 柔道場リサーチ
柔道整復師専門学校検索
全国の接骨院・整骨院検索
東建グループ公式姉妹サイト
ホームメイトブログのご紹介
全柔連
パートナー
講道館
東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します
講道館
ホームメイト川柳
柔道川柳

柔道チャンネルが展開する柔道情報満載のブログ「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」をチェック!

「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」では、選手の紹介や柔道に関するニュースを発信しています。大会戦績や代表選手だけでなく、高校、大学、実業団まで幅広く情報を掲載!柔道に特化した柔道チャンネルだからこそ提供できる話題もたくさんあります。

柔道の経験者も、柔道に興味がある方も「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」を読んで日本柔道を応援しよう!

注目ワード