日本柔道の今を綴る柔道ブログ

桐蔭学園が高校柔道三大大会二冠達成!/柔道チャンネル

2017年7月24日(月)

桐蔭学園が高校柔道三大大会二冠達成!


皆さん、こんにちは笑顔

西日本新聞創刊140 周年記念/第91回 平成29年度金鷲旗高校柔道大会は本日最終日の試合が行なわれました。

男子の4回戦から決勝までが行なわれ、春の高校柔道選手権大会の王者・桐蔭学園高校(神奈川県)が東海大学付属相模高校(同)を破り、高校柔道三大大会二冠を達成しました王冠

決勝は、接戦が続き、関根聖隆選手(3年)と石川智啓選手(3年)の大将対決にもつれ込みました。激しい攻防の末に、関根選手が技有を奪い、春の高校柔道選手権大会に続き見事優勝を果たしました上向き矢印


桐蔭学園が高校柔道三大大会二冠達成!


桐蔭学園高校は、8月8日より福島県郡山市で開催される全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技三冠王冠に挑戦しますパンチ

接戦が多かった金鷲旗高校柔道大会。本当に見どころ目の多い試合ばかりでしたひらめき

上位の結果は以下の通りです。

【男子最終結果】

王冠優勝:桐蔭学園高校(神奈川)

ピカピカ2位:東海大学付属相模高校(神奈川)

ピカピカ3位:長崎日本大学高校(長崎)

ピカピカ3位:延岡学園高校(宮崎)

出場選手の皆さん、お疲れ様でした笑顔

南筑高校が金鷲旗高校柔道大会初優勝!/柔道チャンネル

2017年7月23日(日)

南筑高校が金鷲旗高校柔道大会初優勝!

皆さん、こんにちは笑顔

西日本新聞創刊140 周年記念/第91回 平成29年度金鷲旗高校柔道大会は本日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で女子の5回戦から決勝までが行なわれましたピカピカ

女子決勝戦では、地元・南筑高校(福岡)が夙川学院高校(兵庫)を破って、大会初優勝を飾りました上向き矢印

決勝は、夙川学院高校の先鋒の阿部詩選手(2年)が圧倒的な強さで4人抜きを見せ、試合を優位に進めるも、南筑高校の大将・素根輝選手(2年)の勢いに負け、横四方固で破れる結果台風となりました。

素根選手は、阿部選手を破った後も安定した戦いで勝ち進み、見事5人抜きを達成されましたうれしい顔


南筑高校が金鷲旗高校柔道大会初優勝!


本大会3連覇に期待がかかった地元・敬愛高校(福岡県)と昨年準優勝の大成高校(愛知県)はともに準決勝戦で破れ3位に終わっています落胆

上位の結果は以下の通りですピカピカ

【女子最終結果】

王冠優勝:南筑高校(福岡)

ピカピカ2位:夙川学院高校(兵庫)

ピカピカ3位:大成高校(愛知)

ピカピカ3位:敬愛高校(福岡)



南筑高校の皆さん、おめでとうございます笑顔ピカピカ


また男子は本日、2回戦の残りから3回戦までが行なわれ、春の高校柔道選手権大会に続き、高校柔道三大大会二冠を狙う桐蔭学園高校(神奈川)や日体大荏原高校(東京)、天理高校(奈良県)ら強豪校が順当に勝ち進みました上向き矢印

明日(24日)は、男子の4回戦から決勝戦までが行なわれ、男子優勝校が決定しますウッシッシ

第91回 平成29年度金鷲旗大会が開幕/柔道チャンネル

2017年7月21日(金)

第91回 平成29年度金鷲旗大会が開幕

皆さん、こんにちは笑顔

高校柔道日本一を決める平成29年度金鷲旗高校柔道大会が、福岡県にあるマリンメッセ福岡で幕を開けましたピカピカ

夏の風物詩とも言われている金鷲旗高校柔道大会は今年で91回を迎え、西日本新聞創刊140周年という記念すべき節目の大会でもあるのですドン


第91回 平成29年度金鷲旗大会が開幕


この大会は、地区予選が無くオープン参加による全国大会で体重無差別の試合形式。勝ち続ければ、どの学校にも優勝のチャンスがありますひらめき

また高校柔道三大大会のひとつでもあり、今年春に高校選手権大会を制した男子:桐蔭学園高校(神奈川県)、女子:夙川学院高校(兵庫県)が二冠目王冠を達成できるのかに注目が集まりますドン


今大会は海外チームを含め男子322チーム女子168チームの合計490チームが参加し、明日からの3日間熱戦が繰り広げられます上向き矢印

本日行なわれた男女合同開会式は、その全490チームが参加。これほど大規模な大会は世界中探してもなかなかないのではないでしょうかひらめき

この伝統ある大会で、金鷲旗を手にするのはどのチームになるのか。明日からの戦いが待ち遠しいですね笑顔

柔道チャンネルでは明日からの3日間、大会結果および、大会写真、大会動画を掲載します。ぜひ、ご利用下さいウッシッシ

ブダペスト世界選手権期待の星!羽賀龍之介選手のご紹介/柔道チャンネル

2017年7月19日(水)


皆さん、こんにちは笑顔

2017年6月30日(金)〜7月2日(にフフホト(中国)で行なわれた「柔道グランプリ・フフホト」の大会結果が、全日本柔道連盟より発表されました!

残念ながら欠場してしまった選手もいるなか、日本人出場選手の中で優勝者は5名と大健闘ピカピカ

今大会で優勝し、2017年ブダペスト世界柔道選手権大会(以下、世界選手権)に向けさらに注目されたのが、男子100kg級の羽賀龍之介選手(旭化成)ですうれしい顔上向き矢印


リオデジャネイロ柔道競技後、初の国際大会出場となった羽賀選手。フフホトでは得意の内股で2試合勝利するなど、好調をアピールしました。「外国人選手への対応」「新ルールでの審判の動向確認」などを意識して優勝を狙ったとのこと。

1ヵ月後に迫る世界選手権には、60kg級高藤直寿選手、73kg級橋本壮市選手、100kg超級王子谷剛志選手の3人も出場。4人の共通点は神奈川県の強豪である、東海大学付属相模高校出身です目


ブダペスト世界選手権期待の星!羽賀龍之介選手のご紹介



また、東海大学の後輩であるウルフ・アロン選手には全日本選抜柔道体重別選手権大会で惜しくも敗れ、優勝を逃しました。この結果により、世界選手権では100キロ級代表の2番手に選出されることが決定しました。


「柔道グランプリ・フフホト」大会前のインタビューで「橋本はルーキーな気がするけど僕はおっさん。彼のエネルギッシュなところを見習いたい」「後輩の突き上げもあるので、自分により厳しくいきたい」とコメントしている羽賀選手は、学生時代の同級生・後輩が、良き仲間でありライバルとなっている印象でした笑顔ピカピカ


ブダペスト世界選手権期待の星!羽賀龍之介選手のご紹介



2015年の世界選手権では金メダルを獲得しており、2連覇が期待されている羽賀選手。

男子代表9人の中では最年長というプレッシャーもあると思いますが、若手に負けない勢いのある選手です。

3年後の東京大会という目標
も見据え、ぜひ世界王者の意地を見せてほしいですね!ウインク




柔道チャンネル
ホームメイト 柔道場リサーチ
柔道整復師専門学校検索
全国の接骨院・整骨院検索
東建グループ公式姉妹サイト
ホームメイトブログのご紹介
全柔連
パートナー
講道館
東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します
講道館
ホームメイト川柳
柔道川柳

柔道チャンネルが展開する柔道情報満載のブログ「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」をチェック!

「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」では、選手の紹介や柔道に関するニュースを発信しています。大会戦績や代表選手だけでなく、高校、大学、実業団まで幅広く情報を掲載!柔道に特化した柔道チャンネルだからこそ提供できる話題もたくさんあります。

柔道の経験者も、柔道に興味がある方も「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」を読んで日本柔道を応援しよう!

注目ワード