日本柔道の今を綴る柔道ブログ

南條監督インタビューエピソード/柔道チャンネル

2015年11月30日(月)

南條監督インタビューエピソード


皆様こんにちは笑顔

2015年アスタナ世界柔道選手権大会を振り返って、と題し掲載したインタビュー記事カラオケはもう読んで頂けましたでしょうか?
(日本代表選手・監督にインタビュー:http://www.judo-ch.jp/result/wjc/2015/interview/

各選手がどういった思いでアスタナ世界柔道選手権大会に挑み、戦ったのかが紐解けるインタビューとなっております上向き矢印
まだご覧頂けていない柔道ファンの方は、ぜひご覧下さいませ!

さて前回の松本薫選手(ベネシード)のインタビュー裏話がご好評を頂けましたので、今回は南條充寿監督のインタビューエピソードをご紹介したいと思います!!

南條監督インタビューエピソード


南條監督へインタビューに伺ったのは、世界柔道選手権大会後の9月某日、選手を指導中のところにおじゃましましたひらめき

今回の南條監督のインタビューは、選手たちが練習をしている傍らで行なわせて頂く予定だったため、インタビュー前に練習風景を少し見学させて頂く時間がありました。

気合十分で練習に励む選手たちを厳しい顔つきで指導する南條監督でしたが、その一方で選手たちの冗談に対し笑顔を返す場面も見受けられたのですドン
これまで厳しい顔つきで練習を見守る姿が多いイメージを受けていたので、練習中に選手と和気あいあいと話す姿に少し驚きが・・・!目

監督と選手のやり取りから、良い意味での余裕や穏やかさがあり、少し見学しただけでもメリハリの有る良い雰囲気が感じ取れたのです。
「なるほど!これが今回のアスタナ世界柔道選手権大会好調の秘密だったのかひらめき」と納得です!!


2013年に女子代表監督に就任し初めて挑んだリオデジャネイロ世界柔道選手権大会では、22年ぶりに日本人女子選手全員が個人戦優勝を逃す結果となり、涙を飲んだ南條監督でした。

しかし2014年チェリャビンスク世界柔道選手権大会では近藤亜美選手(三井住友海上)や宇高菜絵選手(コマツ)が優勝を手にし、調子は上向きに上向き矢印
さらに今回の2015年アスタナ世界柔道選手権大会では団体戦に加え、中村美里選手(三井住友海上)や松本薫選手、梅木真美選手(環太平洋大学3年)が優勝し、9つものメダルを獲得していますピカピカ

着実に積み上げてきた実績が、今の南條監督や選手たちの好調につながっているのだと、練習の見学で感じました!!

また印象的だったことと言えば、南條監督にお答え頂いたインタビューの中で、「金メダルを獲りたい」という気持ちだけではダメだというお話です。
オリンピック出場のために何をすれば良いのかを考え、確実に行動に移すことが重要だと語って下さった力強いお言葉は、幾度もオリンピックを間近で見てきた南條監督だからこその重みのある言葉だと思いました。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは南條監督の指導のもと、どういった選手がどんな活躍をするか、今から楽しみですうれしい顔複数ハート

【講道館杯】ウルフ選手と能智選手が大会初優勝!/柔道チャンネル

2015年11月8日(日)

【講道館杯】ウルフ選手と能智選手が大会初優勝!


皆さん、こんにちは笑顔

体重別で日本一を決定する「講道館杯全日本柔道体重別選手権大会2日目」が千葉ポートアリーナで開催されました。

この大会は高校生、大学生、社会人で争われ、各主要大会の上位入賞者と主催者推薦者が集い体重別でシニア日本一を決定する大会ひらめき

大会2日目(11/8)は、男子90kg級〜100kg超級、女子48kg級〜63kg級までの7階級が行なわれました。

男子100kg級のウルフ アロン選手(東海大学2年)が下和田 翔平選手(京葉ガス)を一本で破り見事大会初優勝を飾りました。

男子100kg超級決勝戦は、上川 大樹選手(京葉ガス)と西潟 健太選手(旭化成)の一戦!!
試合終了ギリギリまで攻防を繰り返し、最後は上川選手が隅落で有効勝ちとなりました。
最後までドキドキさせたれた試合でしたね!目

【講道館杯】ウルフ選手と能智選手が大会初優勝!


女子63kg級は、能智 亜衣美選手(筑波大学2年)と鍋倉 那美選手(大成高校3年)の対決試。
試合時間残り2分の場面で、鍋倉選手に指導ドン
その後、鍋倉選手も果敢に攻めたものの、指導1の差で能智選手が優勝しました。

悲願の初優勝ということもあって、涙を流して喜んでいる姿は印象的でした笑顔ピカピカ

二日目の大会結果は下記の通りです鉛筆


【男子】
◆90kg級
王冠優勝:大辻 康太(日本エースサポート)
ピカピカ2位:小林 悠輔(筑波大学4年)
かわいい3位:垣田 恭兵(旭化成)
    江畑 丈夫(国士舘大学2年)

◆100kg級
王冠優勝:ウルフ アロン(東海大学2年)
ピカピカ2位:下和田 翔平(京葉ガス)
かわいい3位:穴井 亮平(東海大学付属熊本星翔高校)
    小林 大輔(綜合警備保障:ALSOK)

◆100kg超級
王冠優勝:上川 大樹(京葉ガス)
ピカピカ2位:西潟 健太(旭化成)
かわいい3位:小川 雄勢(明治大学1年)
    影浦 心(東海大学2年)


【女子】
◆48kg級
王冠優勝:渡名喜 風南(帝京大学2年)
ピカピカ2位:山ア 珠美(山梨学院大学4年)
かわいい3位:森ア 由理江(鑪建築設計事務所)
    遠藤 宏美(綜合警備保障:ALSOK)

◆52kg級
王冠優勝:西田 優香(了徳寺学園職員)
ピカピカ2位:垣田 恵利(兵庫県警察)
かわいい3位:富沢 佳奈(埼玉栄高校1年)
    黒木 美晴(環太平洋大学4年)

◆57kg級
王冠優勝:石川 慈(コマツ)
ピカピカ2位:山本 杏(国士舘大学3年)
かわいい3位:出口 クリスタ(山梨学院大学2年)
    大友 真貴子(コマツ)

◆63kg級
王冠優勝:能智 亜衣美(筑波大学2年)
ピカピカ2位:鍋倉 那美(大成高校3年)
かわいい3位:塩瀬 絢子(三井住友海上)
    米澤 夏帆(龍谷大学1年)

【講道館杯】山本浩史選手が大会連覇を達成!/柔道チャンネル

2015年11月7日(土)

【講道館杯】山本浩史選手が大会連覇を達成!

皆さん、こんにちはうれしい顔

体重別で日本一を決定する「講道館杯全日本柔道体重別選手権大会」が本日より千葉ポートアリーナで開幕しました。

この大会は高校生、大学生、社会人で争われ、各主要大会の上位入賞者と主催者推薦者が集い体重別でシニア日本一を決定する大会です。

実力者ばかりが集う大会とあって会場は立ち見客がでる程の大盛況ぶり。
7面ある試合場は何処も目の離せない注目のカードばかりでしたひらめき

本日(11/7)の初日は、男子60kg級〜81kg級、女子70kg級〜78kg超級までの7階級が行なわれ、男子60kg級の山本浩史選手(総合警備保障:ALSOK)が見事大会連覇を達成。

そのほか、男子66kg級の堅山将選手(鹿屋体育大学)、男子81kg級の海老泰博選手(旭化成)が嬉しい大会初優勝。男子73kg級では橋本壮市選手(パーク24)が昨年準優勝の雪辱を晴らし、こちらも大会初優勝を飾っています。


なお、昨年高校生2年生でシニアデビューし初優勝を飾った注目の66kg級・阿部一二三選手(神港学園神港高校)は、大会連覇に期待が集まりましたが、残念ながら3回戦で敗退落胆
その後、敗者復活戦・3位決定戦に勝利し3位入賞で大会を終えましたピカピカ

【講道館杯】山本浩史選手が大会連覇を達成!


上位入賞者及び、大会のトーナメント表は、柔道チャンネル内で掲載中です。ぜひ、ご確認下さい。

本平成27年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会の結果


今大会は2016年リオデジャネイロオリンピックの選考会でもあり、明日開催される残りの7階級も目が離せない内容ばかり。
いったいどの選手が勝ち上がるか楽しみですね笑顔ムード

そして、大会終了後には12月に開催される日本で唯一開催される国際大会「柔道グランドスラム東京」の代表選手発表もあります。
ぜひご利用下さい。

柔道グランドスラム東京は、リオデジャネイロオリンピックに繋がる重要な大会です。
代表選手は柔道チャンネル内でも掲載する予定ですので、ぜひご利用下さい。


【男子】
◆60kg級
王冠優勝:山本 浩史(綜合警備保障:ALSOK)
ピカピカ2位:青木 大(日本体育大学3年)
かわいい3位:田中 崇晃(筑波大学3年)
    藤澤 征憲(国士舘大学4年)

◆66kg級
王冠優勝:竪山 将(鹿屋体育大学4年)
ピカピカ2位:丸山 城志郎(天理大学4年)
かわいい3位:阿部 一二三(神港学園神港高校3年)
    藤阪 太郎(国士舘大学3年)

◆73kg級
王冠優勝:橋本 壮市(パーク24)
ピカピカ2位:田村 和也(パーク24)
かわいい3位:土井 健史(ダイコロ)
    福岡 克仁(日本大学1年)

◆81kg級
王冠優勝:海老 泰博(旭化成)
ピカピカ2位:川上 智弘(國學院大学職員)
かわいい3位:春山 友紀(自衛隊体育学校)
    小原 拳哉(東海大学3年)


【女子】
◆70kg級
王冠優勝:大野 陽子(コマツ)
ピカピカ2位:池 絵梨菜(国士舘大学1年)
かわいい3位:宇野 友紀子(環太平洋大学3年)
    安松 春香(綜合警備保障:ALSOK)

◆78kg級
王冠優勝:M田 尚里(自衛隊体育学校)
ピカピカ2位:山 莉加(三井住友海上)
かわいい3位:泉 真生(山梨学院大学1年)
    橋 ルイ(オージー技研)

◆78kg超級
王冠優勝:朝比奈 沙羅(東海大学1年)
ピカピカ2位:稲森 奈見(三井住友海上)
かわいい3位:市橋 寿々華(大阪府警察)
    井上 愛美(JR九州)




講道館杯まで残り僅か!/柔道チャンネル

2015年11月6日(金)

講道館杯まで残り僅か!


皆様、こんにちは笑顔

2015年開催の柔道公式試合も残り僅かとなりました。
「平成27年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会」が、11月7日(土)〜8日(日)に千葉ポートアリーナ(千葉県)で開催されますウインクムード

一足先に発表された試合のトーナメント表には、平成27年度全日本学生柔道体重別選手権大会で優勝を果たした60kg級の青木 大選手(日本体育大学)や、昨年の柔道グランドスラム東京2014で優勝を果たした66kg級の阿部 一二三選手(神港学園神港高校)など、注目選手の名が見受けられます。

この大会は平成27年度後期の全日本強化選手を選考する大会であるとともに、2015年12月に開催の柔道グランドスラム東京2015の日本代表選手の選考会となっています。2016年にはリオデジャネイロオリンピックも控えており、選手たちにとっては重要な試合のひとつピカピカとなります。

注目選手が顔を揃える中、どの選手が優勝を勝ち取るのか、どんな劇的なドラマが待っているのかほっとした顔
今から試合が楽しみですねひらめき

講道館杯まで残り僅か!


柔道チャンネル
ホームメイト 柔道場リサーチ
柔道整復師専門学校検索
全国の接骨院・整骨院検索
東建グループ公式姉妹サイト
ホームメイトブログのご紹介
全柔連
パートナー
講道館
東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します
講道館
ホームメイト川柳
柔道川柳

柔道チャンネルが展開する柔道情報満載のブログ「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」をチェック!

「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」では、選手の紹介や柔道に関するニュースを発信しています。大会戦績や代表選手だけでなく、高校、大学、実業団まで幅広く情報を掲載!柔道に特化した柔道チャンネルだからこそ提供できる話題もたくさんあります。

柔道の経験者も、柔道に興味がある方も「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」を読んで日本柔道を応援しよう!

注目ワード