日本柔道の今を綴る柔道ブログ

重量級に復活の狼煙!?世界選手権に期待!/柔道チャンネル

2015年6月22日(月)

重量級に復活の狼煙!?世界選手権に期待!


皆さん、こんにちは絵文字:笑顔


6月16日にハンガリーで柔道グランプリ・ブダペストが開催され、日本人選手が健闘しました!
男子は、100kg超級で王子谷剛志選手(旭化成)が見事に優勝絵文字:王冠、73kg級で志々目徹選手(了徳寺学園職)が3位絵文字:ピカピカと、素晴らしい結果に絵文字:目
選手とともに大会から帰国した井上康生監督ですが、重量級の再建に向け好感触を得られたようです絵文字:上向き矢印


近年の日本柔道界は、重量級の絶対的エースをなかなか生み出せずにいたことはご存じの方も多いはず絵文字:落胆
2004年のアテネオリンピックや2008年の北京オリンピックでは金メダルを手にしましたが、2012年のロンドンオリンピックでは惜しくも金メダルを逃す結果となりました。

また柔道世界選手権大会では、2014年のチェリャビンスク世界柔道選手権大会(ロシア)で七戸龍選手(九州電力)が準優勝したのですが、それがなんと!
100kg超級では9年ぶりの表彰台だったそうです絵文字:目絵文字:ドン
そんな、この数年煮え湯を飲まされてきた日本の男子重量級ですが、全日本柔道選手権大会での七戸選手や原沢久喜選手(日本中央競馬会)らの活躍を受け、復活の期待がかかっています絵文字:指でOK


重量級に復活の狼煙!?世界選手権に期待!



また井上監督曰く、6月1日から11日まで日本で合宿を行なっていた世界選手権大会6連覇中の男子100kg超級テディ・リネール選手(フランス)ですが、直接見た稽古では七戸や原沢らと組む回数が少なかったのだそうで、監督がそのときのことを「警戒しているなと感じた。なかなか(日本代表選手と)やろうとしなかったですね」と振り返っていました。


どうやらリネール選手は、七戸選手や原沢選手に手の内がバレてしまうのを恐れていたようなのです。
世界選手権大会の覇者に警戒されるとは、さすがですよね絵文字:ほっとした顔絵文字:音符

リネール選手が七戸選手や原沢選手らを警戒する背景には、5月23・24日に開催された柔道ワールドマスターズ・ラバト(モロッコ)で、攻めの姿勢で自ら組みにいった七戸選手の活躍があったのかも知れません。

また柔道ワールドマスターズ・ラバトで、井上監督と立てた“秘策”は「出してないですね」と語った七戸選手。
その秘策を携え挑む8月の柔道世界選手権大会が、今から楽しみですね絵文字:うれしい顔絵文字:ピカピカ



リオに向け新たな思い。/柔道チャンネル

2015年6月8日(月)

リオに向け新たな思い。

皆さん、こんにちは絵文字:笑顔

リオデジャネイロ・オリンピックまであと一年と少しとなりましたね!
まだまだ先のことだと思っていたオリンピックですが、近代5種やライフル射撃などの競技でオリンピック出場を決めた選手がニュースになっています。

柔道のオリンピック出場選手確定の一報はまだ聞こえてきませんが、期待のかかる選手は数多くいます絵文字:指でOK

昨年の12月に開催された「柔道グランドスラム東京」にて、海老沼匡選手(パーク24)を下した高校3年生(当時2年生)の阿部一二三選手(神港学園高)や、10年と11年世界選手権の覇者である浅見八瑠奈選手(コマツ)から優勝を勝ちとった19歳の近藤亜美選手(三井住友海上火災)など、若手の台頭が目に留まりました

ベテラン勢はもちろんのこと、若手の活躍も期待できる日本柔道界絵文字:ピカピカ
来年のオリンピックではどの選手がどんな活躍をしてくれるのか、今から楽しみですね絵文字:!!


さてそんな中で、以前にも期待の選手としてこちらのブログで取り上げた松本 薫選手(ベネシード)が、5月27日のインタビューに驚きの返答をしていたのをご存知でしょうか絵文字:!?



リオに向け新たな思い。


昨年の「柔道グランドスラム・東京」では未だ右肘の靱帯が伸びた状態でありながら、準決勝で芳田司(コマツ)を指導1で破り、決勝でモンテイロ(ポルトガル)を横四方固で破って今大会3年ぶりの優勝を飾った松本選手
今年4月に開催された「全日本選抜柔道体重別選手権大会」では山本杏(国士舘大)との決勝で苦戦したものの、攻撃の手を緩めることなく4年ぶりの優勝を掴みました。
好調かに見えた松本選手ですが、モロッコで開催されたマスターズ大会のあと、日本に帰ってきてすぐのインタビューに驚きの心境を語っていました。

いまの役割は今度のオリンピックで終わりだと思っています。20年(東京五輪)の時には、違う役割になっていると感じています」(記事より抜粋)

さらに、「リオで一線を退くことは『直感』」と話す松本選手。
多くは語らなかったようですが、2020年の東京オリンピックでは32歳になることをも引退をほのめかした理由のようです。

しかし野獣の闘志は消えたわけではない様子絵文字:目
惜しくもマスターズ大会では一回戦敗退となりましたが、そのため技の調整をし直し、急きょ8月の世界柔道選手権大会(カザフスタン)へ出場することを検討中とのこと。
勝ちに向かって突き進む松本選手らしい姿に、安堵したファンも多いはずです絵文字:ほっとした顔絵文字:ピカピカ

無事にリオデジャネイロ・オリンピックの切符絵文字:チケットを手にし、私達に気迫の柔道を見せて欲しいものです絵文字:うれしい顔


柔道チャンネル
ホームメイト 柔道場リサーチ
柔道整復師専門学校検索
全国の接骨院・整骨院検索
東建グループ公式姉妹サイト
ホームメイトブログのご紹介
全柔連
パートナー
講道館
東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します
講道館
ホームメイト川柳
柔道川柳

柔道チャンネルが展開する柔道情報満載のブログ「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」をチェック!

「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」では、選手の紹介や柔道に関するニュースを発信しています。大会戦績や代表選手だけでなく、高校、大学、実業団まで幅広く情報を掲載!柔道に特化した柔道チャンネルだからこそ提供できる話題もたくさんあります。

柔道の経験者も、柔道に興味がある方も「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」を読んで日本柔道を応援しよう!

注目ワード