日本柔道の今を綴る柔道ブログ

「訃報」斉藤仁氏、惜しまれながら旅立つ。/柔道チャンネル

2015年1月30日(金)

「訃報」斉藤仁氏、惜しまれながら旅立つ。

日本柔道界を引っ張ってきた斉藤仁(さいとう・ひとし)氏が20日の明朝、大阪府東大阪市の病院で逝去されました。

1984年ロサンゼルスオリンピック、1988年ソウルオリンピックの2大会連続金メダルを獲得された斉藤氏。
引退後は母校の国士大柔道部のコーチを務められるとともに、全柔連男子強化ヘッドコーチ、2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックの日本男子監督として活躍されました。

2012年からは全日本柔道連盟強化委員長の要職に就いていらっしゃいましたが、昨年から体調を崩していたそうですが、懸命の闘病生活も実らず1月20日に肝内胆管がんで54歳という短い生涯を終えられました。

最後の最後まで二人の愛息に、稽古に行けと叱咤し続けた斉藤氏。
その厳しくも優しく、柔道にひたむきな姿は、座右の銘「剛毅木訥(ごうきぼくとつ)」そのものだったのではないでしょうか。

そんな「剛毅木訥」とした斉藤氏の精神は、息子さんたちにもしっかりと受け継がれることでしょう。

謹んでお悔やみを申し上げます。


「訃報」斉藤仁氏、惜しまれながら旅立つ。


柔道チャンネル
ホームメイト 柔道場リサーチ
柔道整復師専門学校検索
全国の接骨院・整骨院検索
東建グループ公式姉妹サイト
ホームメイトブログのご紹介
全柔連
パートナー
講道館
東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します
講道館
ホームメイト川柳
柔道川柳

柔道チャンネルが展開する柔道情報満載のブログ「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」をチェック!

「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」では、選手の紹介や柔道に関するニュースを発信しています。大会戦績や代表選手だけでなく、高校、大学、実業団まで幅広く情報を掲載!柔道に特化した柔道チャンネルだからこそ提供できる話題もたくさんあります。

柔道の経験者も、柔道に興味がある方も「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」を読んで日本柔道を応援しよう!

注目ワード