日本柔道の今を綴る柔道ブログ

2013年「世界カデ柔道選手権大会」出場選手/柔道チャンネル

2013年5月30日(木)

2013年「世界カデ柔道選手権大会」出場選手


皆さん、こんにちは絵文字:笑顔

先日、全日本柔道連盟より、2013年8月8日(木)〜11日(日)アメリカ・マイアミで行なわれる「世界カデ柔道選手権大会」の日本代表選手が発表されました。

【男子】
◆50kg級
・梅北 亘
(京都共栄学園高校2年)

◆55kg級
・宮川 太輝
(安田学園高校3年)

◆60kg級
・大島 拓海
(阿波高校2年)

◆66kg級
・阿部一二三
(神港学園神港高校1年)

◆73kg級
・立川 新
(新田高校1年)

◆81kg級
・釘丸 将太
(国士舘高校2年)

◆90kg級
・白川 剛章
(福井工大福井高校2年)

◆90kg超級
・太田 彪雅
(白鴎足利高校1年)




【女子】
◆40kg級
・山内 穂乃花
(京都学園高校2年)

◆44kg級
・鈴木 茉莉
(藤枝順心高校1年)

◆48kg級
・常見 海琴
(埼玉栄高校1年)

◆52kg級
・前田 千島
(霧島市立国分中央高校2年)

◆57kg級
・立川 莉奈
(敬愛高校2年)

・村上 栞菜
(夙川学院高校1年)

◆63kg級
・三浦 裕香理
(潟上市立天王南中学校3年)

◆70kg級
・遠田 真子
(東海大翔洋高校2年)

◆70kg超級
・粂田 晴乃
(大成中学校3年)



4月に行なわれた「全日本カデ柔道選手権大会」の優勝者を中心に、男女各8階級・17選手が選出されました絵文字:!


「世界カデ柔道選手権大会」は、IJFが主催するカデ(15〜18歳)のジュニア選手による世界選手権です。


この大会の優勝をきっかけに飛躍した選手も多いだけに、出場する選手は、優勝を目指して頑張って欲しいですね絵文字:パンチ

「柔道川柳」3月の優秀作品 発表!/柔道チャンネル

2013年5月29日(水)

「柔道川柳」3月の優秀作品 発表!


明日試合

眠れぬ父母に

寝る子供



上記の川柳は、柔道チャンネル内にて募集しております「柔道川柳」で、3月にご投句頂いた中から選出した採用作品です。
面白い作品ですよね絵文字:ウインク

この他にも、今月は合計3点の作品を選出しました。
選出された方、おめでとうございます絵文字:ピカピカ

後日担当より、ハートマークショップ割引券2,000円分をお贈りさせて頂きます。



採用作品は柔道チャンネル内で掲載中です。ぜひ、ご確認下さい。



絵文字:ひらめき柔道川柳



以前ご紹介しましたが、2013年も引続き「ホームメイト川柳大賞」を実施しております。



今回も川柳家・やすみりえ氏による選考で、大賞が決定されます。


年間最優秀賞には、受賞川柳の盾と表彰状、副賞に現金30万円が贈呈されます。



皆様からのご投句、引続きお待ちしております絵文字:パー

「第3回 ホームメイト川柳大賞」発表!/柔道チャンネル

2013年5月27日(月)

「第3回 ホームメイト川柳大賞」発表!


柔道着

脱げば乙女の

顔となる



皆さん、こんにちは絵文字:笑顔
先日「第3回 ホームメイト川柳大賞」の発表が行なわれました。

2012年度に皆様から投句して頂いた10,154句の作品が対象だったため、選考にかなりのお時間を頂いてしまいました。本当にすみませんでした絵文字:たらーっ



上記は、柔道川柳・年間優秀部門賞に輝いた作品です。



私も選出の投票権を持っており、上記作品に1票投票しました。
柔道着とのギャップを描いた、本当に良い作品ですよね絵文字:ピカピカ



賞品として、受賞川柳を額装した色紙と表彰状、副賞として旅行券5万円が贈呈されます。
本当におめでとうございます絵文字:ウインク



残念ながら今回も年間最優秀賞は、柔道部門から選出されませんでした絵文字:涙
気を取り直して、次回ですね絵文字:!



大賞をはじめ、その他の部門賞、入選・佳作作品も、ぜひご確認下さい絵文字:音符

絵文字:ひらめき「第3回 ホームメイト川柳大賞」受賞作品発表


引続き、「第4回 ホームメイト川柳大賞」の対象となる作品を募集しております。



今回こそは、年間最優秀賞が柔道部門で選出されて欲しいと願うこの頃です。
皆様からのご投句、お待ちしております。

絵文字:ひらめき「第4回 ホームメイト川柳大賞」

代表選手選考基準・出場資格/柔道チャンネル

2013年5月24日(金)

代表選手選考基準・出場資格


皆さん、こんにちは絵文字:笑顔

先日、全日本柔道連盟より、「オリンピック」及び「世界柔道選手権大会」の代表選考基準と出場資格について発表がありましたのでお知らせします絵文字:パー


絵文字:ひらめきオリンピック日本代表選手選考基準について

@国際柔道連盟(IJF)ランキングシステムによる、オリンピック出場資格を有した選手から選考する。

A
原則1年間の大会結果と内容から総合的に判断する。

B
国内ポイントシステムを導入し、代表選手決定のための参考資料とする。
※平成26年度からの実施に向けて、システム構築・検討を行なう。

C
強化委員会で最終決定を行なう。




絵文字:ひらめき「世界柔道選手権大会」日本代表選手選考基準について

@原則1年間の大会結果と内容から、総合的に判断する。

A国内ポイントシステムを導入し、代表選手決定のための参考資料とする。
※平成26年度からの実施に向けて、システム構築・検討を行なう。

B世界柔道選手権大会において2名選出する階級については、一年間の成績と内容、及び世界団体戦、オリンピックを視野に入れ、世界及び日本の競技力動静を鑑み決定する。

C強化委員会で最終決定を行なう。




絵文字:ひらめき選考基準とする大会

【国際大会】

・前年の「オリンピック」または「世界柔道選手権大会」

・マスターズ
 
・グランドスラム

※パリ、モスクワ、東京、バクー

・グランプリ

※デュッセルドルフ、チェジュ、青島、タシケント、アルマティなど、計10大会

・コンチネンタルオープン

・大陸選手権大会


【国内大会】

・講道館杯全日本体重別選手権大会

・全日本選抜体重別選手権大会

・全日本選手権大会

※原則100s超級、78s超級




これまで明確なものがなかっただけに、基準が確定され分かりやすくなったのではないでしょうか。



また、平成26年度から国内でもポイントシステムが導入されるようです。

国外同様、選手同士の実力を、客観的に評価することが可能になりそうですね絵文字:ペン

IJFポイントランキングについてお勉強/柔道チャンネル

2013年5月22日(水)

IJFポイントランキングについてお勉強


皆さん、こんにちは絵文字:笑顔


今日は「IJFポイントランキング」について、少しお話したいと思います。


「IJFポイント」は、特定の国際大会で一定の成績を収めた選手に与えられるポイントです。


2009年3月に改訂され、このポイント制により、選手同士の実力を客観的に明確に評価することが可能となりました絵文字:!


オリンピックの出場資格を得るためには、決められた国際大会に出場してポイントを獲得しなければなりません。


オリンピックの出場権が得られるのは、獲得したポイントのランキングに基づき、男子は上位22位まで、女子は上位14位までと決められています。


昨年、国内トップクラスの大会「全日本選手権」で優勝した加藤博剛選手が、ロンドンオリンピックの選考対象選手にならなかったのは、この「IJFポイント」が不足していたからです絵文字:涙


前回の実績を踏まえると、次回リオデジャネイロオリンピックの出場資格は、2014年5月〜2016年4月までのポイントが対象になると思います。(※過去2年分のポイントが対象)


では、2014年5月から頑張れば良いのではないか?そう思われがちですが…。


実は柔道の国際大会では、「オリンピック」「世界柔道選手権大会」と並び「マスターズ」という重要な大会があります。


この大会は、ランキング上位者のみに出場資格が与えられるため、真の実力者を決める大会とも言われています絵文字:ピカピカ


「マスターズ」で優勝すると、選手に与えられるポイントは400絵文字:!!


「世界柔道選手権大会」
に次ぐ高ポイントを獲得できるとあって、非常に重要な割合を締めます。


毎年行なわれるこの大会は、今年から5月開催に変更されました。


「マスターズ」
に出場するためには、5月以前にランキング上位に位置していることが必要になるため、今から頑張らないといけないのです絵文字:パンチ
うまくできていますね(笑)

柔道チャンネル
ホームメイト 柔道場リサーチ
柔道整復師専門学校検索
全国の接骨院・整骨院検索
東建グループ公式姉妹サイト
ホームメイトブログのご紹介
全柔連
パートナー
講道館
東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します
講道館
ホームメイト川柳
柔道川柳

柔道チャンネルが展開する柔道情報満載のブログ「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」をチェック!

「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」では、選手の紹介や柔道に関するニュースを発信しています。大会戦績や代表選手だけでなく、高校、大学、実業団まで幅広く情報を掲載!柔道に特化した柔道チャンネルだからこそ提供できる話題もたくさんあります。

柔道の経験者も、柔道に興味がある方も「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」を読んで日本柔道を応援しよう!

注目ワード