日本柔道の今を綴る柔道ブログ

原沢が、3年ぶり2度目の優勝を達成!/柔道チャンネル

2018年4月29日(日)

原沢が、3年ぶり2度目の優勝を達成!


皆さん、こんにちは絵文字:笑顔

2017年4月29日(日・祝日本武道館(東京都)で開催された「平成30年度全日本柔道選手権大会」が終了ピカピカ

原沢久喜(日本中央競馬会)が王子谷剛志(旭化成)を指導差で破り3年ぶり2度目の優勝を飾りました笑顔音符


原沢が、3年ぶり2度目の優勝を達成!


試合開始時点から激しい攻防が繰り広げられた決勝戦。延長戦を含めて9分16秒という長い戦いの末に勝利を掴んでいますピカピカ

試合直後、原沢選手が嬉し泣きする姿に心打たれました泣き顔


原沢が、3年ぶり2度目の優勝を達成!


先の「平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会」で優勝して注目されていた小川雄勢選手(明治大学4年)は、王子谷選手に出足払の技ありを奪われ準決勝戦で敗退しています涙

なお、大会終了後の代表選考会議にて、今年9月に開催される「2018年バクー世界柔道選手権大会/国別団体戦」男子柔道日本代表が決定・発表され、個人戦では男子60kg級の永山竜樹選手(東海大学4年)、100kg超級の原沢久喜選手、小川雄勢選手らが新たに選出されましたピカピカ

現在決定している代表選手は以下の通りです。

【男子】
60kg級 高藤 直寿(パーク24)
60kg級 永山 竜樹(東海大学4年)
66kg級 阿部 一二三(日本体育大学3年)
73kg級 橋本 壮市(パーク24)
81kg級 藤原 崇太郎(日本体育大学2年)
90kg級 長澤 憲大(パーク24)
100kg級 ウルフ アロン(了徳寺学園職員)
100kg超級 原沢 久喜(日本中央競馬会)
100kg超級 小川 雄勢(明治大学4年)

【女子】
48kg級 渡名喜 風南(パーク24)
52kg級 阿部 詩(夙川学院高校3年)
52kg級 志々目 愛(了徳寺学園職員)
57kg級 芳田 司(コマツ)
63kg級 田代 未来(コマツ)
70kg級 新井 千鶴(三井住友海上)
70kg級 大野 陽子(コマツ)
78kg級 濱田 尚里(自衛隊体育学校)
78kg超級 朝比奈 沙羅(パーク24)


9月の世界柔道選手権大会出場に向けて選手の皆さんには頑張って欲しいですね絵文字:指でOK


柔道チャンネル
ホームメイト 柔道場リサーチ
柔道整復師専門学校検索
全国の接骨院・整骨院検索
東建グループ公式姉妹サイト
ホームメイトブログのご紹介
全柔連
パートナー
講道館
東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します
講道館
ホームメイト川柳
柔道川柳

柔道チャンネルが展開する柔道情報満載のブログ「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」をチェック!

「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」では、選手の紹介や柔道に関するニュースを発信しています。大会戦績や代表選手だけでなく、高校、大学、実業団まで幅広く情報を掲載!柔道に特化した柔道チャンネルだからこそ提供できる話題もたくさんあります。

柔道の経験者も、柔道に興味がある方も「日本の柔道の今を綴る柔道ブログ」を読んで日本柔道を応援しよう!

注目ワード